心の故郷に帰る旅、私の香港
香港島トラムの旅 Vol.3

さていよいよ、超密集アパートへ行きましょう。初めての人は、トラムで行くより行きはMTR(地下鉄)で行くことをおススメします。トラムだと一体どこで降りればいいのか分かりづらいからです。アパートは鰂魚涌(Quarry Bay)になりますが、MTRは太古(Tai Koo)で下車B出口から出て周りを見渡したらあの湾曲したアパートが徐々に見えてきます。ワクワクしますね。中庭への入口はトラムの走る英皇道 (King’s Road)側に面した精肉店の間から入れます。

鰂魚涌(Quarry Bay)超密集アパート
超密集アパート中庭

「福昌楼Fok Cheong Building」「海景樓Hoi King」「海山樓Montane Mansion」「益昌樓Yick cheong building」「益發大厦Yik Fat Building」の5つの建物がアルファベットのEの文字に並んでいる密集住宅ビル。1Fは昔ながらのヘアーサロンや文房具店などがあります。
夜ここを訪れると、沢山の窓あかりがまるで光の塔のように空を照らしています。
見上げながら思うのはそれぞれの光の元にそれぞれの人生があって感慨深いですね。
撮影の手を止め、スクエアに開いた天空を見ていたら小さな飛行機が通過する様子と出会う事もありますよ!

太古(Tai Koo)側からの撮影
太古城シティプラザ(Taikoo Shing CityPlaza)
太古坊(Taikoo Place)

このリンゴのオブジェを探しに太古城Taikoo Shing CityPlazaに行ったら、リンゴは太古坊(Taikoo Place)だったと言うオチで最後はヘトヘトになってしまいました。モールの名前が似ていても1駅違う訳で、又暑い中を歩いて戻りました。

鰂魚涌(Quarry Bay)駅
街灯りが綺麗な香港は夜のトラムも素敵です。
大型台風にも遭遇した今回の旅、香港ならではの赤いタクシーも待機状態。
天星小輪(Star Ferry)

さて、格安料金で素晴らしい周遊ができるスターフェリーに乗って次は九龍半島の街へ出かけましょう。

Text & Photography by Nobuko Kamiya (@sunday_722)
Photographic equipment/iPhone 6s + tokyo grapher

JOURNAL一覧へ戻る