iPhone用 広角レンズの活用法 - Zero-Distortion WIDE LENS PRO

皆さん、こんにちは。tokyo grapher アンバサダーのコーイチ(@koichi1717)です。
今回はtokyo grapherのiPhone 用アタッチメント広角レンズの活用法をレポートします。
皆さんは iPhoneの標準カメラが 28mm(*1)というのを知っていますか? 28mm というと広角レンズの部類に入るのですが、雄大な自然や都市の景観を撮りたいときや、室内など狭い場所での撮影時に、もっと広く撮れればいいのになぁ…と思ったことはありませんか?

実はそんなニーズを製品化して頂いたのが、tokyo grapherの広角レンズです。『歪みもケラレもない18mm相当の広角レンズを作ってください』。。。その要望がカタチになったのが、このZero-Distortion WIDE LENS PROなんです。 iPhoneカメラの画角75°が101°にまで拡張できる。なんと1.35 倍です!
(*1)35mm換算。iPhone7以降のモデル。

では、私のオススメ活用法をいくつかご紹介しますね。


真下からのルックアップで迫力のある構図を!

ニューヨークのウォール街にある五叉路で、横断歩道を渡る間に撮った写真です。
ちょうど飛んで行く鳩がいい位置に入ってラッキーでした!ビル街は道幅が狭いところを狙ったほうが、構図に迫力が出ます。こういう場所はFISH-EYE 220を使っても、絶対面白い写真が撮れると思いますよ。

京都のとある竹林にて。一本の竹に寄って真下から見上げて撮影しました。
広角ならではの、近づいたものがデフォルメされる効果を狙って撮ったのですが、歪みがないので竹の伸びのある直線が強調されて、迫力がありつつも清々しい写真になったと思います。


広角レンズで奥行きと高さを強調する。

また竹林です(笑)。これは京都の嵯峨野にある化野念仏寺の竹林の小径。
広角レンズの特徴として、肉眼で見るより被写体が遠くに写るパースペクティブ効果(遠近感)があります。それを利用すると小径の奥行きが強調できます。そして少し低めのアングルから狙うことで、竹の高さが強調できました。


ローアングルショットで広い画角を活かす。

これはインドネシアのリゾート地、ビンタン島のビーチ。
早朝散歩に出掛けてみたら、海岸にこの砂紋が広がっていたんです。ふと見ると波打ち際を歩いている人がいたので、立ち止まった瞬間をローアングルから撮りました。広角レンズをローアングルで構えると、その広い画角でグッと奥行きが出て、砂紋の流れるようなパターンも強調できました。

円弧状の瓦屋根が個性的な建築空間。
カッコいいんだけど、こういう場所って普通にiPhoneを構えても、なかなかコレはという構図が見つからないんですよね。そこで思いついたのが、WIDE LENS PRO の広い画角を使って、手前の屋根まで画面に入れてしまう構図でした。
レンズを装着したiPhoneを逆さまにしてレンズを下に、地面ギリギリに構えるとこんな写真が撮れました。


ハイアングルから広大な風景を捕える。

エンパイアステートビルの展望台で、フェンスの隙間から撮った写真です。
歪みのない WIDE LENS PRO で高所から街を撮ると、林立するビル群がパノラミックに針山のように写ります。
実はこの写真のミソは、自分のいるエンパイアステートビルの影が写っていることなんです。ハイアングルは天気に恵まれると、こんな風に影の効果も手伝って面白い写真が撮れそうですね。

こちらは大阪の中之島にあるホテル、コンラッド大阪の展望フロアです。
最上階の3層吹き抜け空間は展望が素晴らしく、撮影OKなので大阪では最近人気のスポットです。
窓際でガラス越しに大阪の街を撮るのもいいのですが、これは歪みのないWIDE LENS PROの性質を利用して、あえて窓枠の縦のラインを活かして撮ってみました。これも広角レンズのパースペクティブ効果を使ったハイアングル撮影の例です。


引きの取れない場所で広範囲を収める。

最近話題のインスタ映えする壁って、結構狭い路地なんかにあったりしませんか?
そんな時に威力を発揮するのがWIDE LENS PROです。iPhoneの標準カメラより26°も広く撮れて、しかも嫌な歪みも周辺部のケラレも出ないので、編集もラクラクです!

この写真は狭い路地の壁に描かれたストリートアートですが、道幅はわずか 2mぐらいしかなかったと思います。
それでもWIDE LENS PROを使うと、ここまで画面に収まりました。もちろん、撮影する私の背中は壁にピッタリくっついていますけど(笑)。

画角が広く、歪みもケラレもないWIDE LENS PRO。皆さんならどんな使い方をされるでしょうか?
Instagramに投稿される際には、tokyo grapher のハッシュタグ #ShotOn_TG#TG_ZDWIDE_PRO を是非!


Koichi

Instagram:@koichi1717

フォトグラファー、アートディレクター、エディター。
様々な企業のマーケティングプロモーションや
デザイン誌などの編集にたずさわり、そこで写真との関わりを深める。
InstagramなどのSNSを中心に自身の写真を発信し、国内外のフォトグラファーと盛んに交流することで、モバイルフォトグラフィーの楽しさを伝えることをライフワークとしている。

JOURNAL一覧へ戻る