香港写真旅行記 Vol.1
香港島編

国内外で活躍するInstagramerのJohnnyさん(@johnny777)が1週間の香港〜深圳旅行へ。

香港を3つのエリアに分け、旅の道のりとともに撮影した写真を見せていただきました。初回は香港島編。

普段からiPhoneを使って様々な街の風景を撮影するJohnnyさんが、tokyo grapherのアタッチメントレンズを用いて撮影した香港の風景をご覧ください。


旅のスタート

iPhone XR + ZD WIDE LENS PRO

時刻は午前4:40 香港国際空港に着陸。
天気はあいにくの曇り。
深夜1時に羽田空港を離陸してから浅い眠りしかとっていないため、初めて訪れる香港に足を踏み入れた興奮よりも眠気が勝ってしまっている。

入国審査を終えて空港ロビーへ。
有料ラウンジで仮眠を取ろうかとも考えたが高額の為断念。
ロビーで深めの椅子を見つけ、キャリーケースをオットマンの代わりにして足をのせてしばしの仮眠を取る。

2,3時間仮眠をとって香港の中心に行き色々写真を撮ろうかと思っていたがしっかりと寝ていまい気づけば午前9時に…
「まっ、寝不足でふらふらな状態で写真撮ってもどうせ良いの撮れないからちゃんと寝て体調万全にした方が吉だな。」と自分に言い聞かせる。

今回の旅行の日程は4/28~5/4 の7日間で、そのうち2日を中国の深圳で過ごす計画だ。
僕は、海外旅行の時は、ある程度撮りに行きたい場所をリストアップして、あとは適当に街中をぶらぶらしながら撮るというスタイルをとっている。
最初にここに行って、次にここ、その次はここに行くというのが一番効率がいいが、それよりも下調べなし、事前知識なしで異文化の中を彷徨う方が五感を刺激されるし、いい被写体を発見した時の感動や喜びが大きいからだ。
ネットで色々調べすぎると、実際その場所に行った時に「あぁ、こんな感じね」とそれほど感動を覚えないのだ。


香港島エリア

香港は香港島エリアと海を挟んで反対側の九龍エリア、そして新界エリアに分かれている。
ざっくりと分けると
香港島エリアは巨大なオフィスビルやショッピングモールが林立していて香港の中心部エリア
九龍エリアはこれぞ香港という景色を見ることができる賑やかなエリア
新界エリアはよりローカルな香港を楽しむことができるエリア
といった感じだ。
まずは香港島エリアから巡っていくとしよう。

中環(Central)周辺

iPhone XR + Tele LENS iPhoneの標準レンズの画角だと黄色のラインの外側の景色まで写ってしまうので、Tele LENSを着けて撮影した。

中環(Central)は読んで字のごとく香港の中心地で金融、ビジネスの中心であり超高層ビルが立ち並んでいる。
そんな中環(Central)で写真を撮るなら...
香港駅からIFCモールを抜けて出てすぐのInstagramでよく見るこの場所!
タクシー1台だけ通り過ぎるタイミングはなかなか来ないのでじっくり待つしかない。

iPhone XR + ZD WIDE LENS PRO この様な超高層ビルをしたから見上げた写真を撮るときはWIDE LENSを使うと高さを強調することができる。

中環(Central)駅から少し南側に行くと香港を代表する建築家のイオ・ミン・ペイが設計した中国銀行タワーをはじめとする超高層ビルが立ち並んでいる。
しかし、駅周辺の様にビルの隙間に道路があるという印象ではなく、空地をしっかり確保しつつ建設しているので圧迫感を感じない。

上環(Sheung Wan)

  • iPhone XR + Zero-Distortion WIDE LENS PRO
  • iPhone XR + Zero-Distortion WIDE LENS PRO

ここは上環(Sheung Wan)駅から400m程南にある文武廟
文武廟とは文学の神と戦の神を祀っている香港最古の道教寺院だ。
線香の煙が漂い、そこに窓から差し込む太陽光が筋になって見えてなんとも神々しい雰囲気を感じることができる。
はずだった。

訪れた時間帯はあいにくの曇りで光の筋を見ることはできなかった...
しかし提灯の光と、祭壇のロウソクの暖かい光が厳かな空間を作り出していた。

室内で撮影する時はWIDE LENSをよく使用する。
室内全体を写そうとすると出来るだけ部屋の隅から撮った方がいいのだが、それでもなかなか全体を写すことはできない。
WIDE LENSをつければより広範囲に写すことができるので室内の雰囲気をしっかり捉えた写真を撮ることができる。

太平山(Victoria Peak)

iPhone XS + PL FILTER PLフィルターを使用すると空気中のチリの乱反射を抑えて空の青を引き立てたり、水面の太陽光の反射光も抑えて海の色を引き立てることもできる。

香港島の景色を楽しみたいならここ太平山(Victoria Peak)は外せない。

文武廟からなんとなく太平山の方に向かってると急な坂が出現しだす。
なんとなく登って行く。
結構な高さまで来て疲れて来たのでトラムに乗って山頂を目指そうとするも駅がかなり遠くにあることに気づく。
それならもう徒歩で登ってしまって帰りのトラムで下ろう。
考えが甘かった...
激しくなる勾配。
なくなる水。
暑い。
辛い。
しかし引き返す訳にもいかない。
もう気合いをい入れて登るしかない!
2時間かけてようやく山頂に到着。

※トラム=路面電車
iPhone XS + Tele LENS

水分補給を済ませ、もう少し(1.3km)歩きピーク・サークル・ウォークという山頂を一周しているウォークングコースの途中にある盧吉道觀景台というポイントへ。
ここは人も少なく周りを気にせず写真を撮ることができるのでお勧めだ。
このポイントから香港の高層ビル群を俯瞰してみると過密さが一段と際立って見える。

iPhone XS 望遠カメラ + Tele LENS

遠くのものを撮影する際にiPhoneの望遠側レンズを使用してもまだ足りない時は、Tele LENSを望遠側に付けると良い。
デジタルズーム使用すると画像が荒くなってしまうが、Tele LENSの場合はその心配はない。
ただし出来るだけ手ブレを起こさない様に腕をしっかり伸ばすか、体や肘を柱や手すりに着けて体のブレを抑えると良い。

写真も撮れたし、さぁ下りるとするか。

iPhone XS + Tele LENS

トラムの駅は山頂から少し降りたところにあると地図に載ってたな。
悲劇が起きた。
トラムが整備工事中で乗れなかったのだ...
知らなかった...
引き返すか?このまま歩いて降りるか?
引き返してバスに乗る方が楽だが、ここはあえて歩いて降りよう!
こうして2時間余りかけて街まで降りて行ったのだ。

  • iPhone XS + Tele LENS
  • iPhone XR + Zero-Distortion WIDE LENS PRO
  • iPhone XS
  • iPhone XS + Tele LENS
  • iPhone XS + Tele LENS
  • iPhone XS + Tele LENS

しかし結果的に降りる途中でいい写真が撮れたので結果オーライ!(笑)
想定外のハプニングも楽しんでしまうポジティブ思考は大切。
その方が、思い出に残るし、こうやって人に話す時のちょっとした小話になるからだ。

山登りで疲れたのでタクシーで次ポイントへ行くとしよう。
香港でタクシーに乗って感じたのは日本に比べ圧倒的に安いということだ。

初乗り料金が2kmまではHK $24(日本円で¥330)
2kmを超えると200メートルごとにHK $1.2が加算される。
5km先の場所に行く場合(東京駅〜上野駅間くらい)
2kmまでのHK $24+15×HK $1.2=HK $42(約¥580)
となり東京駅〜上野駅間の約¥2,090と比べ¥1,510も安いのだ。
電車の乗り換えに不安な人はタクシーを利用するのが良いかもしれない。

ハリウッドロード、グラハムストリート

iPhone XS + Tele LENS

ここはハリウッドロードグラハムストリートが交わるところにあるここもInstagramでよく見かける場所だ。

中環(Central)駅から歩いて約8分、文武廟からも歩いて約6分とアクセスも良好な場所にある。
このエリアはグラフィティが結構あるので、ぶらぶら歩いているだけでも目を楽しませてくれる。
写真を見ての通り、結構な坂道で平坦な土地は駅周辺だけで少し太平山の方へ行くと坂道が姿を現す。

  • iPhone XR + Zero-Distortion WIDE LENS PRO
  • iPhone XR + Zero-Distortion WIDE LENS PRO

狭い路地に描かれたグラフィティを撮る時はWIDE LENSが活躍する。
絵の全体を写したい時にお勧めだ。
正対ではなく少し斜めから撮ることで奥行き感を出しつつ絵の全体と場所の雰囲気を出すことが出来る。

  • iPhone XR + Zero-Distortion WIDE LENS PRO
  • iPhone XS

銅鑼湾(Causeway Bay)周辺

iPhone XR + Zero-Distortion WIDE LENS PRO

次は、銅鑼湾(Causeway Bay)周辺に行ってみよう。

ここは有名ブランドからリーズナブルなブランドまで揃うということで若者に人気で、駅直結のSOGOやタイムズスクエアなど大きな百貨店もあり、迷ったらとりあえずここい行けば間違いないという様なショッピングエリアで賑やかな街だ。
交通量も多く、トラムや2階建バスがひっきりなしに行き交っている。

iPhone XR + Zero-Distortion WIDE LENS PRO

WIDE LENSを使い低い位置から煽って撮ることでトラムと2階建バス、そして建物の先端まで収めることができ、街の雰囲気を掴むことができた。
近くのものはより近く、遠くのものはより遠く感じるWIDE LENSで撮ることでトラムの線路が遠くまで続いている感じを出すことができた。

  • iPhone XR + Zero-Distortion WIDE LENS PRO
  • iPhone XS + Tele LENS
  • iPhone XS + Tele LENS
  • iPhone XS + Tele LENS
  • iPhone XS + Tele LENS
  • iPhone XR + Zero-Distortion WIDE LENS PRO
iPhone XR + Zero-Distortion WIDE LENS PRO

銅鑼湾(Causeway Bay)周辺ではTele LENSを使うことが多かった。
人が多い場所でWIDE LENSを使うと撮りたいものよりも、意図せず写ってしまうものの方が多くなってしまい何を撮ったのかよく伝わらない写真になってしまうからだ。
歩いていてパッと気になったものを瞬時に撮るなら、Tele LENSを付けっ放しにしておくことが良いかもしれない。

太古(Tai Koo)周辺

次は太古(Tai Koo)周辺に行ってみよう。
ここ太古(Tai Koo)は中環(Central)、銅鑼湾(Causeway Bay)に比べかなりローカルな雰囲気を感じることが出来る。
人の“生活感”が漂っている印象だ。
個人経営の魚屋や八百屋があり、そこで買い物をする人がいる。
建物も古く汚れていて、人の営みの歴史を感じるのだ。

iPhone XR + Zero-Distortion WIDE LENS PRO

そんな太古周辺でのお目当ては駅から歩いて3分程度の場所にあるInstagramでおなじみのあの集合住宅“益昌大廈”だ。
あいにくのどん曇りで少々暗いが仕方ない。
まずはWIDE LENSで定番の構図で一枚。
より建物の足元を写したいならばWIDE LENSを付けてしゃがんで撮るのがおすすめ。

iPhone XS

定番の撮り方以外に何か新しい撮り方はできないかとあれこれ考えて撮った写真がもう一台のiPhoneの画面のリフレクションを利用する撮り方だ。
iPhoneのカメラのレンズをできるだけ画面に近づけて一番良い感じに反射する角度を見つけるのはなかなか大変だった。

この建物の1階には日本のコーヒーショップ“% Arabica”があるので、撮影がひと段落したらここでコーヒーブレイクだ。

  • iPhone XR + Zero-Distortion WIDE LENS PRO
  • iPhone XS + Tele LENS
  • iPhone XS + Tele LENS
  • iPhone XS + Tele LENS
iPhone XS + Tele LENS

香港島を3つエリアそれぞれ違った雰囲気があり、撮影してもし足りないが次は海を渡り九龍エリアに行こうと思う。
だいぶ長くなってしまったので続きは次回ということで。
お楽しみに。

iPhone XR + Zero-Distortion WIDE LENS PRO

Johnny

Instagram: @johnny777

1988年生まれ 佐賀県出身 東京都在住
早稲田大学芸術学校建築都市設計科卒業
iPhoneで撮影することに魅了され写真の世界に入り込む。
空間とスケール、光と影を意識したミニマルな都市風景をメインテーマにする。
2017年apple社の“shot on iPhone”キャンペーンに採用され、世界25ヶ国 のビルボード広告として掲載される。
2018年Unsplash Awards street photography 部門受賞

JOURNAL一覧へ戻る