PLフィルターの使用方法

このページではPLフィルターの構造、側面に記載されている「▲」マークの意味などを通して、PLフィルターの使用方法をご確認いただけます。


1. PLフィルターの構造

PLフィルターとは偏光膜と呼ばれる細かなスリットがついた膜を2枚のガラスに挟み込んだフィルターです。

【図.1】PLフィルターの構造と偏光膜の拡大イメージ

フィルターの前面は偏光膜を挟んだガラスと共に回転できるよう設計されており、偏光膜を回すことによって、反射光を制御して撮影できるようになります。

【図.2】フィルター前面の回転部分

2.「▲」マークの意味

PLフィルターの回転部分側面には「▲」マークが記載されており、これは偏光膜のスリットの向きを示しています。

【図.3】PLフィルター回転部側面の「▲」マーク

「▲」マークが真上・真下のどちらかを向いている場合は、偏光膜のスリットが縦方向に向いていることを示し、「▲」マークが右・左のどちらかを向いている場合は、偏光膜のスリットが横方向に向いていることを示しています。

  • 「▲」マークが真上・真下の場合
  • 「▲」マークが右・左の場合

【図.4】iPhone装着時の「▲」マークと偏光膜の向き


3.「▲」マークの使用方法

PLフィルターの回転部は360°以上回し続けることができますが、【図.5】のように「▲」マークを半回転あるいは一回転させても同じ効果が出るため、回し続けることで効果が高まるものではありません

【図.5】「▲」マークは反対側に回しても同じ効果になります

PLフィルターを使用する際は、「▲」マークをどれだけフィルターを回したかの目印として利用し、効果をiPhone上の画面で確認しながら調整して撮影してください。


JOURNAL一覧へ戻る