Tele LENSを望遠カメラで使ってみよう!

iPhoneのカメラと焦点距離とは?

焦点距離とは、レンズの主点から焦点までの距離ですが、わかりやすく言うと「写真に写る範囲」です。

mm数が小さくなれば広く広角に、大きくなれば狭く望遠の写真を撮ることができます。

一般的な一眼レフカメラでは、画角が46度前後のレンズが標準レンズとされており、35mmフィルム換算で焦点距離50mm程度の画角が最も人間の視角に近く、自然な遠近感の写真を撮ることができます。

標準レンズが50mmとされている中で、iPhone XSのメインカメラである広角側カメラは26mmと標準レンズよりも広角なレンズが使用されています。おそらく広めに撮ってクロップ(余計な部分を省き切り抜く)した方が、汎用性が高いと考えて設計されているため26mmにしているのだと思われますが、カメラ機能の優れたiPhoneと言えど、クロップした写真は画素数が小さくなり画像が劣化してしまうため、もう一つ標準レンズに近い50mm程度のカメラを加え、デュアルカメラにしています。
(iPhone XRなどのシングルカメラ機では、広角カメラのみ搭載されています。)
  • iPhone X / XS /XS Max
  • iPhone 7 Plus / 8 Plus

iPhone標準カメラの3.5倍。画質を落とさず望遠撮影!

iPhone XSやXS Maxなどのデュアルカメラ仕様のiPhoneにて、望遠側カメラへTele LENSを装着することで、iPhone標準カメラの約3.5倍、35mmフィルム換算では90mm程度の望遠撮影ができるようになります。
※旧バージョンのジュラルミンケースやBLM(Built-in Lens Mount)では、望遠カメラにレンズを装着するためのネジが切られていないため、望遠カメラにTele LENSを装着することができません。
※ズーム倍率、35mmフィルム換算の焦点距離はiPhone機種により若干異なります。iPhone 8Plusでは102mm程度の望遠撮影が可能です。

  • 【写真.1】iPhone 8Plus 標準カメラ(広角カメラ)
  • 【写真.2】iPhone 8Plus 望遠カメラ + Tele LENS

上記は同じ場所からiPhone 8Plus 標準カメラ(広角カメラ)で撮影した写真【写真.1】と、iPhone 8Plus 望遠カメラにTele LENSを装着した写真【写真.2】の比較です。画像を劣化させることなく、どの程度の望遠撮影が可能になるかのイメージをしていただけるかと思います。

※望遠カメラを起動して撮影するには、iPhoneの望遠・広角カメラを切り替えることの出来るiPhoneアプリが必要になります。

望遠カメラに切替可能なiPhoneアプリや対応iPhoneバージョンなど、詳細はこちらの記事をご確認ください。



iPhone望遠カメラにTele LENSを装着して撮影された作例

  • 【写真.3】飛行機からの富士山
  • 【写真.4】遠くの雪景を見せたい場所だけクロップ
  • 【写真.5】前ボケを活かした望遠撮影

飛行機の中から見る景色や、クロップして撮りたい景色、キャンプ中のふとした瞬間など、肉眼で大きく撮りたいと感じた被写体もiPhoneなどで撮ってみると小さくて何だかよくわからない写真になってしまうことがあるかと思います。そんな時でもiPhone望遠側カメラにTele LENSを装着していただければ、余計なものを省いた望遠特有の印象的な写真を撮ることができます。


JOURNAL一覧へ戻る