Summer Camp with tokyo grapher – サマーキャンプの楽しみ方 Vol.1

旅の楽しみ方には色々あるが、今回の旅は夏の自然をとことん楽しむサマーキャンプを企画した。前回のロードトリップ企画の道中には、すでに夏はキャンプをしようという話で盛り上がっていた。
今回の参加者は男ばかり9人。もちろん写真を趣味とするのは共通しているのだが、アウトドア遊びが好きなメンバー、キャンプ道具に凝るメンバー、料理好きなメンバーと役者揃いだ。6月から計画を立てはじめ、毎日のように夜になると、チャットでキャンプ地や撮影のロケーション、キャンプ道具の情報交換が始まった。
私がこのキャンプで特に大事にしたのは「食」。キャンプだからといって、適当な料理で済ませたくない。
静かな森で焚き火を焚いて、日が沈んだらランタンの灯りをたよりに、ゆったりと飲みながら料理を楽しみたいのである。そのために、どんなメニューにするかもかなり時間を掛けて考えた。
さあ、前置きはこれぐらいにして、サマーキャンプの様子を見て頂くことにしよう。


神秘の湖 自然湖へ

長野県の御嶽山の麓に「自然湖」と名付けられた湖がある。
1984年の9月14日に起こった長野県西部地震によって御嶽山の山体が崩壊し、大量の土石流が王滝川をせき止めて、そこにあった深い森が水に沈んだ。そこは通称「自然湖」を呼ばれている。

ここを知ったのは、キャンプ地を探している時だった。
エメラルドグリーンの透き通る水が流れることで知られる「阿寺渓谷」でキャンプを張ることに決め、その周辺の美しいロケーションをWEBで物色していた時、「おんたけアドベンチャー」というサイトを見つけた。
緑深い湖の水面には、白老化した立ち枯れの木々が並び、とても神秘的な風景を成している。しかもその中をカヌーで進むことができるのだ。
今回は、ドローンを使った撮影も予定しているので、ここはとても面白い写真が撮れそうだ。
すぐにツアーに参加するメンバーにシェアすると、皆から「絶対行きたい!」と興奮した声が返ってきた。
おんたけアドベンチャーが主催する「自然湖ネイチャーカヌーツアー」に参加することにし、森林浴を楽しみながら、ゆったりとカヌーを漕いで、水面からの風景を撮影する計画を組込んだ。

立ち枯れの木々の間をカヌーを漕ぎながら進んで行く。
水面近くから見る風景は、水面に映る木々のリフレクションがとてもクリアで幻想的だ。

To be continued

Text & Photography by Koichi Miyase
Photographic equipment
iPhone 6S + tokyo grapher

JOURNAL一覧へ戻る