Trip of Wonders – Wonderful Indonesia Vol.3

そこはまるでロスト・ワールド。
インドネシアの秘境を歩く。

このツアーの名称である”Trip of Wonders”は、インドネシアの文化や伝統、自然、食などを幅広く捉えて、その驚き・驚異・不思議を旅するという意味だ。
ツアーに招待された約30人は、ブロガーやインスタグラマー、ユーチューバーなどで、オーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、インド、香港、台湾、韓国、日本から集められた。それぞれ興味の領域も違うので、訪ねる先で盛り上がる人が変わるのが面白い。
私はインドネシアの驚異の自然に興味があって来たので、特に楽しみにしていたのが今回紹介するコモド島とその周辺だ。ツアー終盤、観光省の粋な計らいがあり、帆船をチャーターしてくれた。
フローレス島のラブハンバジョ(Labuhanbajo)という港から帆船に乗り込み、コモド島の各所と付近にある小さな島を訪ねる船中1泊の旅に出た。


FLORES – Melo Village

このメロ村はフローレス島の山村で、独特の伝統的な文化が継承されている。私たちはまず歓迎式典で一人一人にイカット(IKAT)と呼ばれる美しい幾何学模様の織物のたすきが渡された。
そしてカチダンス(CATI Dance)という戦いの踊り、そしてバンブーダンスと伝統舞踊での歓迎が続く。
真っ青な空に原色の衣装が眩しかった。


KOMODO – Komodo National Park

コモド島ってどこ?という人が多いと思うが、コモドドラゴンと聞けば知っている人も多いだろう。
バリ島から東へ600Kmにある小さな島だ。
桟橋にボートが着いて海岸まで2~3分も歩くと、いきなり1頭目のコモドドラゴンに遭遇! 想像以上に大きくて、その爪を見てゾッとした。爬虫類好きの方は動画をどうぞ 笑。


KOMODO – Pink Sand Beach

ここコモド島にはピンクの砂浜がある。このピンクの正体は珊瑚だそうで、死んだ珊瑚が堆積して、波で長い年月を掛けて削られて砂粒のようになっているそうだ。
このあたりの海は非常に透明度が高くて美しい。浅瀬に浮かぶ船はまるで空に浮かんでいるかのように見えた。


Padar Island

個人的に、このツアーの最大の目玉として楽しみにしていた場所がこのパドレー島。
コモド島の東に浮かぶ島で、映画のジュラシック・パークを彷彿するランドスケープを有する。島には港や桟橋がないため、私たちが乗った帆船は沖合に停泊し、そこからはゴムボートで上陸した。
ビーチからは小高い山の山上を目指してトレッキングする。山上に到着すると眼前に広がるスペクタクルに、思わずまた声が出た。”Oh my god!” 笑。
最上級のサンセットを堪能した私たちは、真っ暗な山道をiPhoneのLEDライトを頼りにしながら、転がるようにビーチまで戻った。

Text & Photography by Koichi Miyase (@koichi1717)
Photographic equipment
iPhone 6S + tokyo grapher
Wonderful Indonesia @indtravel

JOURNAL一覧へ戻る