Optical Preset Filter 550-L / 650-L 実写比較

TOKYO GRAPHER アンバサダーの田口です。
皆さんが思われるTOKYO GRAPHERのイメージはiPhone用のレンズメーカーという印象をお持ちかと思いますが、TOKYO GRAPHERを運営するコゾフィルタースは創業70年の老舗カメラ用レンズフィルターメーカなんです!
そんなTOKYO GRAPHERが満を持して発売したカメラ用レンズフィルターOptical Preset Filterを早速使用させていただきました!
Optical Preset Filterは光学的な処理で色と光の変化を加え、デジタル処理ではなかなか出すことの出来ない、柔らかく空気や光の質感を簡単に出すことのできる、世界初の画期的なフィルターです。
まずは自宅付近で使用してみましたので、実際に撮った写真をご覧ください!
OPF 550-L OPF 550-L
No filter No Filter
1/1000秒 , F2.2 【 SONY α9(ILCE-9), FE 50mm F1.4 ZA 】

 

夕日の光を柔らかく写し出す

逆光や夕日の光が強いシーンを撮ると、コントラストが上がってしまいガチガチな写真になってしまいがちですが、太陽の光を柔らかく拡散させてくれると共に、暗部のコントラストも抑えてくれています。
これはフィルターで使用している特殊なガラスにより光の通り方に変化を加え光を拡散させてくれている効果で、それに加えOPFの特長でもあるコーティング処理による色変化が良い効果を発揮し、光の色味と右端の建物の壁の色との差が写真の深みと自然な感じを出してくれていると思います。

上記の写真では緑・青傾向の色を強調させるOPF 550-Lを使用していますが、左端にあるオレンジの夕陽をここまで透明感ある光の表現にしてくれるOPFの効果は凄いですね。

OPF 650-L OPF 650-L
No filter No filter
1/1000秒 , F2.0 , ISO1000 【 SONY α9(ILCE-9), Planar T* FE 50mm(FE 50mm F1.4 ZA) 】

暗いシーンの光源

土曜の夜に家族でベランダBBQをした時にOPF650-Lを使用して撮った写真です。
暗いシーンにある光源の光を柔らかく表現しつつ、光の少ない暗部への影響は最小限に抑えられていて、ランタンの灯の暖かさが伝わってきます。
今回は現行品として販売されているレンズの中でも比較的柔らかい写りをするPlanar T* FE 50mmを使用していますが、フィルター無しの写真と比べると、写真全体の柔らかさは比べ物にならない圧倒的な差が出ました。デジタルカメラが高解像度化しキリッとした表現が増えたからこそ、このフィルム写真のような柔らかさのある写真表現は良いですね。
OPF 650-L OPF 650-L
No filter No filter
1/640秒 , F2.0 , ISO64 【 SONY α9(ILCE-9), FE 50mm F1.4 ZA 】

光源の無いシーンでの比較

画角の中に光源がある場合の効果は上記の二枚でお分かりかと思いますので、画角内に光源や強い反射が無い状態でどいう写りをするのか試してみました。
色の変化は多少ありますが、ソフト効果は殆ど感じられないので、常用フィルターとして使用しても良さそうです!
  • OPF 550-L
    OPF 550-L
  • OPF 650-L
    OPF 650-L
  • No Filter
    No Filter

OPF 550-LとOPF650-Lの差

次にOPF 550-LとOPF650-Lの色変化の差を比較してみました。
左 OPF 550-L、中央 OPF650-L、右 フィルターなしでの写真となり、並べてみると三昧の色の差と共に葉っぱの色の差で随分と写真から受ける印象が変わることを感じます。
OPF 550-Lでは葉っぱ緑の波長が強調されたことで瑞々しさを感じ、OPF650-Lは夕日のオレンジが強調された事で夕暮れ時の空気感を強く感じます。
この辺りの特性を掴んだ上で、使い分けていくと写真の幅が大きく広がりそうです。

  • OPF 650-L + Leica M10 Carl Zeiss Distagon T* 35mm F1.4 ZM
  • OPF 550-L + SONY α9(ILCE-9),FE 50mm F1.4 ZA
OPF 550-L + SONY α9(ILCE-9),FE 50mm F1.4 ZA
OPF 550-L + SONY α9(ILCE-9),FE 50mm F1.4 ZA

Takahiro Taguchi

Instagram: @tak-tag

プロデューサー、クリエイティブディレクター、デザイナー。
iPhoneでの撮影はもちろん、フィルムカメラからドローンまで様々なカメラでの写真撮影を行い、新たな表現方法を模索している。写真を楽しむためのコミュニティー Hueart(@hueart.life)Founder。

JOURNAL一覧へ戻る